Q.
上の総入れ歯の前歯が片側に傾いてて、気になるが治せるでしょうか?

A.
これは噛み合わせの型を採ったあと、顎・顔面に対して上下の歯の位置的な関係を技工士さんに上手に情報伝達ができなかった場合に起こる問題です。ほんの少しの傾きであれば、診療サイドでも補正が可能です。大きく傾いている場合は改善が困難なため、入れ歯を作り直すことをお勧めします。

Q.
歯茎が痩せて入れ歯が合わないのですが補修or作り直しになりますか?

A.
はい、診療サイドでの治療が可能です。入れ歯を作り直さなくても、入れ歯の内面にピンク色のレジンを足して、入れ歯をピッタリ合わせることが出来ます。

Q.
他の歯医者さんで作った自費の入れ歯を修理してもらえますか?

A.
修理の効かないバルプラスト義歯以外の入れ歯であれば、ほとんどの入れ歯の修理が可能です。お値段などの詳細はお問い合わせください。

Q.
総入れ歯と部分入れ歯の違いは何ですか?

A.
総入れ歯は、主に歯が全くないときに使用する入れ歯のことをいいます。総義歯、全部義歯ともいいます。部分入れ歯は、歯が残っているときに使用する入れ歯のことをいいます。部分義歯、局部義歯ともいいます。

Q.
歯を抜いた後、入れ歯が出来上がるまで歯なしで過ごすのでしょうか?

A.
歯を抜いた後の見た目は気になりますね。このような場合は、あらかじめ入れ歯を作っておいて、歯を抜いた当日に入れ歯を入れる即日義歯を作ります。即日義歯の使用期間は3ヶ月ほどです。3ヶ月経って歯を抜いた後の傷が治った後、フルオーダーメイド入れ歯を作ります。

Q.
普通の入れ歯と精密入れ歯の違いは?

A.
普通の入れ歯よりも、より快適に作られているのが精密義歯です。精密義歯は、普通の入れ歯とは異なり、変形が少ないのが特徴です。丈夫な素材や特殊なアタッチメント、磁石などを使用するため、薄くて丈夫な入れ歯をお作りできます。薄く小さい入れ歯にすることで、普通の入れ歯に比べ食事や会話が楽になります。また、先端技術のインプラントと組み合わせると、驚くほど快適になります。

ページトップへ