HOME

きずな歯科クリニック

HOME > きずな歯科クリニックブログ一覧 > 歯医者さんのひとり言

歯医者さんのひとり言

酸蝕歯


 こんにちは、技工士の鷲田です。皆さん酸蝕歯って聞いたことありますか?酸によって病的に溶け
てしまった歯のことです。
酸性度の強い飲食物を摂る習慣があり、ダラダラチビチビ摂る癖のある人ほど酸に触れる時間が長く
エナメル質が薄くなってしまい、さらに溶けると象牙質がむき出しになり、歯がもろくなって欠けた
り、歯がしみたり、歯の内部にばい菌が入って神経に炎症が起きるなど、深刻なトラブルに発展する
こともあります。
酸蝕歯は、一日、二日でできるものでなく、日頃の飲食の習慣による積み上げによるものです。
年を取っても美味しく食べ健康に過ごすため、今から毎日の食習慣を確認してみてはどうでしょう。

酸性度


 こんにちは、技工士の鷲田です。みなさん暑い中どう過ごされてますか?冷たい飲み物が美味しい
ですね。炭酸飲料やスポーツドリンクが美味しいですが、あなたが飲んでいるドリンクの酸性度って
知ってますか?
 エナメル質が溶け始めるのは、pH5.5。普段の口の中は、約pH7で水がこれぐらいです。
スポーツドリンクや炭酸飲料はpH5.5よりかなり酸性度が強いです。野菜ジュースも意外と酸性度が
強いのでお子さんにあげていると、柔らかい乳歯を溶かしてしまうので気をつけましょう。
チビチビ飲みや熱中症対策や運動中の水分補給のためにこまめに飲んでいる方は、水やお茶を取り入
れるなど、一度生活習慣を見直してはどうでしょうか。

歯周病と歯磨き粉


こんにちは、副院長の萩原誠です。

今回は、歯周病と歯磨き粉の関連についてです。

歯周病の一番の予防法は、機械的に行うプラークの除去です。
一部の歯磨き粉には殺菌作用を挙げているものもありますが
あくまでもプラークをしっかりと歯ブラシなどで除去した後の補助的なものと考えるのがいいと思います。
効能は主に歯磨き粉に含まれる研磨剤により沈着した色素を除去したり、爽快感が得られるという意味合いが強いです。

フロス


 こんにちは、技工士の鷲田です。今回は、フロスについて書きます。
よく目にする前歯や歯の咬合面は、みなさん気にされると思いますが、歯と歯の接する隣接面は
気にされているでしょうか?よく目にするところは、歯ブラシで磨かれていますが、歯ブラシでは、
隣接面まではしっかり磨くことができません。なので、プラークや食べかすが溜まったままに
なります。
 フロスを使うことにより、一番掃除のしにくいコンタクトポイントの汚れをしっかりと擦りとり
歯の曲面にピッタリと沿って、面状に掃除ができます。密集した極細の繊維が歯面の汚れを擦って
絡め取って綺麗にしてくれます。セルフケアにフロスを取り入れて、ケアのクオリティーを格段に
向上させましょう!

ファイバーコア


 みなさんこんにちは、技工士の鷲田です。今回はファイバーコアについて書きます。
みなさんが、保険でメタルのコアを入れたことがある人いらっしゃるでしょうが、この
ファイバーコアは、根管内に、ファイバーのポストを立ててその周りを支台築造用レジンで
盛り上げて作られるものです。
 ファイバーコアの特徴は、強さとしなやかさです。口腔内での機能時にかかる衝撃や各種ストレス
を吸収しつつ疲労破折に耐える強度、失活歯の歯根における機能時のストレス分散を天然歯に近づけ
歯根破折から守るしなやかさを持っています。後、補綴物への審美性への影響にも関係してきます。

歯周病治療と知覚過敏


こんにちは、副院長の萩原誠です。

今回は、歯周病治療と知覚過敏についてです。
歯石とりをした後に、しみる症状である知覚過敏が起きることがあります。

歯周病の場合、歯と歯肉の間にできたポケットの中に歯石は付着しています。
この歯石を取ると歯の根の部分が露出します。この部分は歯の神経に近いので、冷たいものがしみやすくなります。
この場合、しっかりと磨いていればポケットが浅くなってしみなくなりますが、しみるのには個人差もあり
症状が激しい場合は、歯の知覚が過敏になったことに対する治療が必要になります。

歯周病の影響


こんにちは、歯科医師の藤田です。
今日は歯周病が全身に与える影響についてお話します。
近年歯周病は生活習慣病とも言われていて全身疾患と関りがあると言われてきています。
その一つが心筋梗塞です。
心筋梗塞は動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くあるいは塞がることで心筋に血液供給がなくなり死に至ることもある病気です。
動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。
歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラーク(脂肪性沈着物)ができ、血液の通り道は細くなります。
プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まってしまうのです。

口腔内写真2


 こんにちは、技工士の鷲田です。今回は、口腔内写真の臨床での活用です。
写真から見えてくるものは、
  ・生活背景
  ・歯周治療の経過
  ・包括的な治療や手術時の所見や咬合状態など
  ・着色
  ・シェード(ホワイトニングや技工との連携)
  ・小児の咬合誘導や成長過程
  など、写真から色々な情報を得ています。
前回も書きましたが、口腔内写真は、現状とその後の変化を見たり、写真を見ながら
患者様とのコミュニケーションを取るツールにもなる大事な資料です。

歯周病と動脈硬化


こんにちは、副院長の萩原誠です。

今日は、歯周病と動脈硬化についてです。

歯周病が、全身疾患と関わっていることがいわれてきています。
その一つに、動脈硬化があげられます。

動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが
別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークができ血液の通り道は細くなります。
プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

口腔内写真


こんにちは、技工士の鷲田です。今回は、口腔内写真について書きます。
みなさんは、初診で来られた時や治療過程などで、口腔内写真を撮られたことがあると思いますが
口腔内写真を撮影する目的としては、
       ・現在の状態を患者様への説明に
       ・治療計画の立案するとき
       ・通院履歴においては時間軸に沿って、小児の成長、治療前後での比較
       ・メインテナス時の患者様のモチベーション維持
       ・スタッフとの情報の共有と教育に
などがありますが、デンタルX線写真や歯周組織検査とともに患者様の状況を把握する上で大切な資料
になります。

1 / 8112345...102030...最後 »

ページトップへ

078-952-1184
ページトップへ
KIZNA DENTAL CLINIC & HYGIENIST CENTER
2015 All Rights Reserved.