痛くない歯周病治療

「歯痛対処法」について疑問を解決
4つの歯痛ポイント
治療した歯の虫歯進行することは考えにくい現象ですが、
歯科医院で行われる治療の大半が再治療という事実も多く見受けられます。

歯科治療のほとんどが「再治療」という事実…

みなさまご存知でしょうか?歯科で行われているほとんが歯の再治療であることを。一度治療したのに、痛むということは多くの方が経験されている苦痛です。そのような状況にならないためにも、痛い歯を治療すると同時に虫歯になりにくい環境を作り続けるということが大切だと考えます。再治療を受けないためにも、歯の痛みの原因を考え、最適な治療をすることについて、説明いたします。

歯が痛む、その原因についてあらためて確認が必要です

虫歯が痛むのか、歯に力を加えることで歯茎が痛むのか、まずはその原因と症状を確認することが大切です。被せ物がズレていることで、治療した箇所にバイキンが入り込むことがありますし、また、治療の善し悪しによって周辺の歯茎がダメージを受けていることもあります。目安として、治療箇所周辺の歯茎の変色、フロス(糸ブラシ)を通したときに引っかかるかどうか、ということが挙げられます。変色した歯茎はなんらかのダメージがあると考えられますし、フロスの引っかかる被せ物は、歯にぴったりとはまっていないことが考えられます。

被せ物を正確につけるのは、歯科技術の高さです

被せ物を歯にぴったりに加工して、歯に装着するのが上手な医師、そうでない医師がいます。正確に治療はできても、技工士(被せ物を作成する技術者)が正確でないこともあります。こういった専門的なことは、なかなか治療している最中には知ることができず、全面的に医師に委ねている方がほとんどだと思います。技術が高く、そして信頼できる技工士がいる歯科医がどうかを確認する必要があると言えます。技工士が専属でいる歯科医も少なく有りませんので、これまでの評判を確かめてみる必要があると言えます。

技術の高さと正確に診断する最新設備

最新の設備では、これまでの設備よりも正確に技工物の調整をすることができます。歯科医で最新の設備を備え、医師自らが調整していることは、皆様の治療箇所の再治療リスクを下げることが出来ると言えます。補足になりますが、保険治療で無痛を心がける医師は、最先端の治療を勉強していることが多いので、信頼しやすいと言えます。

ページトップへ