知覚過敏

知覚過敏とは

知覚過敏
歯周病や加齢により歯肉が下がったり、無理な力での歯磨き方法などに
よって歯が削れてしまうと、冷たいものや熱いものを口に含んだ時や歯磨き
の時の刺激が、歯の神経に伝わって、しみるような一過性の痛みを感じます。
これを「知覚過敏」といいます。
下記の症状があれば、知覚過敏の可能性があります。
  • 1. 冷たいものや熱いものがしみる。
  • 2. 甘いものやすっぱいものがしみる。
  • 3. 歯ブラシをあてると歯が痛む。
  • 4. 空気がしみる。
  • 5. 歯肉が下がって歯の根が見える。
  • 6. 歯が長くなったように見える。

知覚過敏の原因

  • 1. 必要以上な歯ブラシの圧による歯の摩耗
  • 2. 歯ぎしりやくいしばりによる歯の摩耗や歯へのストレス
  • 3. 歯肉炎による歯ぐきの退縮

知覚過敏の対処&治療法

  • 1. 知覚過敏抑制の含まれる歯磨き粉
  • 2. コーティング
  • 3. 詰め物をする
  • 4. 神経の除去

ページトップへ