口臭

口臭について疑問を解決

仕事やご家族との会話中に、ご自分の口臭が気になったことがある方は多いと思います。皆様がお悩みの口臭を治療する方法は、歯科医院で増え続けています。口臭治療をお勧めするとともに、口臭の原因や皆様にも分かる症状を説明いたします。

口臭は多かれ少なかれ誰もが持っている自然なものです。
しかし歯石や歯垢が多い人は口臭が強くなります。当然歯石や歯垢
が多い人は口臭が強くなります。歯並びが悪かったり被せ物や詰め
物と歯の間に隙間がある場合は、歯石や歯垢が溜まりやすくなりま
す。また、金属の被せ物や詰め物(金歯を除く)は、電位差が生じ
たり、電流の発生の恐れがあり、良く手入れしても食べカスや歯垢
が吸着しやすくなります。唾液が十分に分泌されているときは、唾
液が細菌を殺菌したり、細菌を洗浄してくれたりして、口臭となって現れませんが、朝起きた時、空腹時、ストレス、緊張等により唾液が減少すると口臭を強く発するようになります。また、臭いの強い食べ物が口臭の原因となることがありますが、にんにくやお酒などの臭いが歯みがきをしただけではなかなか消えないのは、口に残った臭いだ けではなく、アリシンといった臭い成分が、胃腸から血液中に取り込まれて肺に運ばれ、肺から息と一緒に吐き出されて強い臭気を伴うためです。

口臭の正体は…

口臭の原因の大部分は、お口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。様々な原因によって、お口の中でガスが発生します。
図のどれもが口臭の原因になり得ます。そして、最大の原因である歯石や歯垢が多い人は、口臭が強くなります。歯並びが悪かったり、被せ物や詰め物と歯の間に隙間がある場合は、歯石や歯垢が溜まりやすくなります。それぞれが異なる原因によって、口臭が発生しますので、まずはその原因を特定することが大切です。

コップの中に息を吹き込んで手でふたをし、一呼吸きれいな空気を吸った後に臭いをかいでみます。タオルやティッシュで舌の表面を拭き取って臭いをかいでみます。これが臭う場合は他人にもわかる口臭がある可能性が高いです。もしかして?と思ったら口臭外来に通院されることをオススメいたします。

きずな歯科でおこなう、口臭外来は個々に異なる原因を特定し、その上で治療をおこなうことです。
歯周病治療、歯垢・歯石を取り除く治療などがそれにあたります。
繰り返しになりますが、まずはその原因を特定することを歯科医で実施されることをお勧めいたします。

ページトップへ