FKO・拡大床

年齢が低い乳歯の頃からの矯正

歯列育形成

歯列育形成 歯列育形成とは、低年齢(5~8歳)から治療を開始し、歯並びが悪くなる大元の要因を改善する矯正方法です。歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えてきたり(乱ぐい歯)、八重歯になったりします。従来の矯正治療ではこの原因に対するアプローチが少なく、便宜的に歯を抜くなどの処置で対応してきました。つまり対症療法が行われてきたわけです。

ページトップへ